歳をとると何でも億劫

 ワードプレスの不調故に一般的な商用ブログに乗せようかと考え、何とか独自ドメインは取得した。でもそこで集中力が切れたようだ。次にどの板に乗せるかと各種サイトを比較していたのだが、嫌になった。勿論、無料のものであれば直ぐに書ける。でもそれでは独自ドメインを購入した意味がない。放電してしまった蓄電池のような気分である。数日かけて再充電し、再度分かり難い説明文を読むことにする。

 先週は果樹の更新で切られた梨の木を相手に、チェーンソーを振り回していた。軽トラで6往復か7往復した。そのまま乾燥に入るものと、薪割りが必要なものに分けて保管中である。チェーンソーといえば近頃電動のものが増えてきたとはいえ、やはりエンジン式のものが使い勝手が良い。始めて就農したとき、どの機種を選んで良いか分からなかった。値段は色々、メーカーも色々、大きさも色々とあって迷っていたときに、師匠がこれにしろと言った機種がある。ゼノア エンジン式チェンソーG2501Tである。小型の機種でありながら価格はかなり高い。そんなに高い物を買うのかと一瞬躊躇したが、師匠には絶対服従が原則である。それを買った。正解でした。使い勝手が良いだけでなく、非常にパワフルで、小型の機種とは云え直径50cmくらいまでの木なら切断できる。重宝しています。

 駆け出しの頃、チェーンソーで苦労しながら木を切っていた。実家が木樵という友人がいる。私の姿を見て、ソーチェーンが切れよらん。刃はいつ研いだ。こんな切れない刃では怪我をするぞ、と厳しい指摘を受けた。彼が言うには、刃は一日に3回研ぐものだという。朝研いで、昼研いで、3時に研ぐ。私はソーチェーンを買って2週間くらい使い、研ぐ技術がないので新しいソーチェーンを買い足していた。消耗品とにしては、余りにも高いと思っていたのである。とにかく、彼に研ぎ方を教えてもらい、それからの作業は非常に楽になった。恥ずかしいので周りには云っていないのだが、そういう訳で新品同様のソーチェーンが10本くらいある。これらをちゃんと研ぎながら使うとすれば、寿命の方が足りなくなりそうである。これらのソーチェーン、現在はきちんと研磨してチェーンオイルに浸して保存中である。

予言者

 近頃予知能力がついたのかもしれない気がしてきた。本当は予知能力ではなく、人が発する言葉の裏読みをする能力かもしれないし、状況に対する判断能力が上がったのかもしれない。本来ならそうした能力は低下する歳になっているのに。

 近頃、アメリカの株価が落ちている。もちろん、日本の株価もそれに連動して落ちているのだが、連動しない日もない訳ではない。そんな日は、何かしら、国内の理由で政府系のファンドが買いに入っていると判断して良い。昨日、ソフトバンクが上場した。にもかかわらず、株価は落ち、ソフトバンク株も公募割れで終わった。最近の低落気味の市況の中で、ソフトバンク株が上場、株購入資金を相当食ってしまっているのに公募割れ、 

血の抗争

 梨の徒長枝の処理をし続けている。落ちた枝を集めて燃やしていたのだが、量が多くなると上に張ってある番線(針金)に炎が届いてしまう。勿論、金属の酸化を促進するためこれは好ましくない。トタンを上にかぶせて炎が上がらないようにして焼いていたのだが、そうすると煙が大量に発生する。夕暮れになると、喉が痛くなり声が魅力的なバリトンになる。木を燃やした煙にひどく有害なダイオキシンが含まれると言う話が真実なら、肺がん決定であろう。近所に家はないし、好きでやっているのだからまあ仕方がない。

 それにしても、チビチビ燃やすのでは仕事が進まない。煙を出さずにきちんと燃やすために               、山のクリ畑へ運ぶことにした。まず運搬車で落ちた枝を拾い、これを軽トラに積み替える。山に運んで下ろすのだが、枝が絡み合って疲れることこの上ない。昨日5往復、今日は4往復した。今日の軽トラの走行距離は30Km、まだまだ、先は長い。

 2日程、このブログがおかしかった。I 先生に問い合わせようと思ったが、あまりに騒ぐのもみっともないと思い我慢していたら、今日復旧した。ということは、I 先生は元気らしい。このブログで使っているドメインといって良いのかな、ok-japan.comの部分は O 先生がまだ費用を負担しているのかな。余りにお任せ過ぎかなと少しは反省している。昨年消えてしまった「アブシジン酸の総合的理解に向けて」という部分が9割程復活した。アミノ酸配列の比較から植物の進化を議論した部分だけが、もう少し残っている。このあたりは再度KEGGのデータを見直しているため、極度の睡眠不足と眼精疲労の原因になっている。この歳で昼間は肉体労働をしながら寝るのは毎日午前2時を過ぎている。

 いますごく迷っている。ブログで学問的な部分だけをどこかの商用サイトで公開しようかなと考えているわけだ。ある程度まとまったところでe-Pubつまりネット出版を考え始めたのが原因である。でも、紙媒体での出版のほうが魅力的であることは間違いない。この感覚がそもそも古いと云われればそうかもしれないが。

 少しはましなことを書きたい。11日のニューズウィークに過激な記事が載っていた。「地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し脳を食べる行動も」という記事である。内容については以下を参照して欲しいのだが、 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/01/post-11530.php どう考えても表現が過激で過激である。さらに、地球温暖化で血の抗争が激化すると書いているが、現実は「争いが激化するのは寒い春」であるとも書いてある。そして、「現時点で争いの増加は種の生息数に影響するほどではないが、将来的には「異種間の競争がより激しくなるかもしれない」と研究者たちは結んでいる。」という結論に至っては、何を言いたいのか分からない。もう少しロジカルな文にしてくれないと、頭に入らない。

 それよりも、鳥類は恐竜の子孫であることを前提に考えれば、彼らが殺し合いをしていることに違和感はない。ワシやタカ、フクロウやカワセミなどを初めとして、肉食の小鳥はいくらでもいる。スズメやニワトリであってもバッタの足をもいで、ミミズを引っ張り出して食べているではないか。彼らは、我々が思う程平和的な生き物ではない。美しく聞こえる囀りは、縄張りを主張するためのものである。昨日、傷ついたカササギをカラスの群れが取り囲み、突き回していた。多分殺して食べたに違いない。山のクリ畑に行く道の脇に、時々イノシシの骨を捨てる人がいるのだが、集まってくるカラスの数といったら半端ではない。その時のカラスの顔は凶暴そのものである。

蕪価は安い

 先日、薬が切れたので病院へ行った。未だに博多の病院へ通っている。一件目の病院で血を抜かれた。採血されながら、看護婦さん、いやいまはなんと呼べば良いのかな?看護師、まあとにかく吸血鬼ではない採血人に向かって、正月明けのこの時期に血液検査なんて一寸患者に不利だよね。ここ何日か、いつも以上に食べたり飲んだりしてるわけだろ。ここで結果が悪かったら、あの人薬を増やすのかな?と医者に聞こえるように喋っていたら、医者が嫌そうな顔をして笑っていた。ささやかな反抗である。ここしばらくは血糖値が落ち着いているので、医者の目を盗んで薬を減らそうと企んでいる。扱いにくい患者である。

 昨日の株価の予想は外れた。何でかなと思っているが、私は株を持っていないので、まあいいや。一方、蕪価は安値で止まっている。一寸だけスーパーを覗いたのだが、あの価格では出荷する気になれない。自家消費を続けよう。残り少なくなってきた赤ダイコン、紅くるりという品種なのだが、こいつは芯まで赤い。強烈に赤い。そのまま食べるにはどぎつい程赤い。色素成分はフラボノイド(アントシアン)であると書いてあるので、きっと目に良いと思われる。このダイコンを蕪の甘酢漬の中に適量加えてみたのだが、とてつもなく奇麗な色になった。いわゆる薔薇色(#e9546b)、牡丹色(#e7609e)、もしくは躑躅色(#e95295)に近い。昨年は試験栽培で、50本くらいしか植えていなかったが、評判が良いので今年は増産する予定である。

 毎日、切り落とした梨の徒長枝を焼却している。切って間もない枝であるから燃えないことこの上ない。それを無理やる燃やすのだから、結構煙が出る。作業中はあまり意識しないが、帰りの軽トラの中は焦げ臭くてかなわない。帰って一風呂浴びるまでこの臭いはつきまとい、喉はいがらっぽい。

 そういえば、去年育てていたモリンガの粉末化が終わったという連絡が来た。さらに、ゴーヤの粉末化もうまくいったそうである。寒くて仕事ができない日に、見に行くことにしている。これらをどう商品化するかは今後の課題であるが、何か企んでいるほうが生活に楽しみが多い。とにかく、身の丈に余るほど借りすぎた畑に何かを植えないといけないので、いろんな種苗会社の通販サイトを連日彷徨っている。米と一般的野菜類をベースとして、その売り上げの上に桑、ゴーヤ、ジャンボニンニク、モリンガ、クリ、赤いダイコンなどの売り上げを乗せていくしかない。そういえば、もう確定申告の時期である。

煙が目に沁みる

 ようやく梨の徒長枝を切る作業が終わった。首と肩と腕と腰がパンパンに凝っている。去年の腱鞘炎も再発しそうで、ここ2日間、作業量を幾分控えめにしている。これから、切り落とした徒長枝の処理に入るのだが、半分は薪ストーブの焚き付け用にまとめて保存、残りは焼却することになる。切ったばかりの生木であるため、なかなか燃えない。何度も煙でむせた。家に帰って、プラターズの「煙が目に沁みる」を久しぶりに聴いた。

 世の中に大きな変動が起きそうで、きな臭いですね。明日の株価も下がるのではないかと思っている。北方領土は極めて不味い状況だし、辺野古の埋め立てもどうなるやら先行き不透明、オリンピックも見通しが付かなくなっている。まあ、アンダーコントロールと嘘をついて無理に進めた件だから、仕方ない結果でしょう。いやいや、問題は山積、先行き不透明。

 天候も異常、日本だけを見ていると左程感じないかもしれないが、ヨーロッパの寒波と降雪は半端ではない。この寒気は、ヨーロッパに止まらず中東のレバノン当たりまで広がっている。(https://earthreview.net/snow-chaos-is-deepening-europe-turkey-lebanon/)このサイトには昨日だったがサウジアラビアのイスラム教の聖地メッカが、イナゴに占領されたという記事が出ていた。パールバックの書いた「大地」の1シーンを思い出すような光景です。昨年から、サウジアラビアでは洪水のニュースが何度も流れていた。その後、砂漠が花に覆われたというニュースが続いた。雨が降って多くの植物が育ったとすれば、蝗が増えることは不思議ではない。だが、アラビア半島がそうなるというのは、世界の気象を考えるとすごく大きな変化である。

  脅かすつもりはないが、NASAのジェット推進研究所の科学者らが「2年以内にカリフォルニアで126年ぶりの大地震が起こる」と予言したというニュースが流れている。但し、原文を読んでみると原文を読んでみると、ニュースソースは Unnamed Scientists from NASA’s Jet Propulsion Lab JPLとなっており、発信者が明確ではない。ガセネタである可能性は十分にあると思うが、イエローストーン地域の地殻変動が活性化していることなどを考えると無視はできないだろう。(https://beforeitsnews.com/v3/prophecy/2019/2502518.html)

 フランスのイエローベスト運動、沈静化していないようですね。日本のマスコミは忖度して殆ど報道しませんが。以前私が予想したように、この運動はヨーロッパ全土に形を変えながら広がっていますね。デンマーク、ドイツ、イタリア、イギリス、スペイン、セルビア、ハンガリー、レバノン、スエーデンなど、さらにカナダ、エジプト、イスラエル、南アフリカなどにも飛び火しているようです。

不精者の方が長持ち

 不精者の盆働き、怠け者の節句働きなどという言葉があるが、私に良く当てはまる。普段から真面目に働いていないという罪の意識が、休みの日になると働け働けと呼びかけるのである。休日に働きたくなる理由はもう一つある。昔から胃腸が弱かった。だらけた休日が二日も続くと胃の調子が悪くなり、口内炎が発生するのである。正月明けやゴールデンウィークの後など、地獄のような日々だった。唇の裏側や頬の内側にできた口内炎は何とか我慢できるのだが、舌にできた口内炎(舌炎の方が正しいか?)、それも舌の下側にできた奴はとてつもなく痛い。唾が飲み込めないほど痛い。神経を使うデスクワークが続いていた現役時代、月に2回くらいは口内炎に悩まされていた。(お前が気を使っていたなんて、そりゃないだろうという外野の声がないわけではないが、本人としては極めて繊細な神経の持ち主であると自認している)仕事を辞めて肉体労働を始めたら、お金と一緒に口内炎もどこかへ行ってしまった。ここ5年ほどご無沙汰である。

 というわけで、2日までは自重していた野良働きを3日から再開した。少々人の目を気にして誰も来ない山のクリ畑に行ったのだが、同じ気質の人は結構いるらしく、何人かの知った顔がニコニコと働いていた。家の近くにせにゃん仕事がないわけじゃないが、あんまり音を立てると気が引けるなどと云いながら、チェーンソーを響かせている。嬉しいことに、私もここでは少数派ではないようだ。

 更新が遅れているが、山の隣の畑の持ち主であるKさんが脳内出血で倒れた。私より5〜6歳若いはずである。定年後、かなり荒れていた持山を2年ほどかけて元に戻してブルーベリーとフェイジョアを植え、今年から収獲できると喜んでいた。すごい働き者だった。正月は3日から、フェイジョア畑の周囲に防獣フェンスを張っていた。倒れたのが自宅で病院への搬送が早かったので回復する可能性はありそうだが、山仕事ができるまでになるかどうかは分からないという。何だか身につまされる話である。お酒が好きで少々肥満気味だったので、一寸控えた方が良いよなどと笑ってはなしていたのだが、朝夕の冷え込みが堪えたのかもしれない。会って元気づけたいと思うのだが、面会謝絶が続いており会えるのは少し先になりそうである。我が家は、薪ストーブのおかげで朝起きたときでも15度を下回ることは殆どない。さらにこの季節、外気温が上がる10時以降でないと外には出ないことが多い。不精者の方が長持ちするのかもしれない。

大雪高嶺ヒカゲ

 このブログを書いているWordPressから新しいバージョンにアップしろアップしろと云ってくるので、何気なくバージョンアップボタンを押したのだが、バージョンアップではなくフルモデルチェンジであった。何をどうして良いか、まだ手探りである。という理由もあって、ブログ更新は遅れ気味となっている。

 木を切って、草を刈って、燃やして、熾火にサツマイモを入れて焼き芋を楽しむという何の変哲もない日が続いている。老中の日々として、左程不満はないのだが、学問的刺激が一寸だけ少ない。少し前、基本的な代謝系である解糖系とTCA回路、ペントースリン酸経路を描いてみたら、ペントースリン酸経路の一部を忘れていた。人間とは忘れる生き物である。そんなこともあって、秘密のプライベートプロジェクトを始めてしまった。まだ内緒!うまく行くかどうかは分からないが、何もしないよりましである。おかげで夜更かしがさらに酷くなっている。寝るのは2時過ぎ、従って畑への出勤時間が周りの人よりかなり遅れる。反省、反省、三省堂の毎日である。

 秋口に植えていた秋野菜が収獲期を迎えている。今年はダイコンが豊作らしき、長さが60cmを超すような大物でも100円でしか売れない。手数料を引かれると80円、種代と肥料代と諸々の経費を引くと実収入は60円を切りそうである。その上売れるのは一日当たり5〜6本、農家は厳しい。もちろん他の野菜も出荷してはいる。ワケギ、ワサビ菜、からし菜、など。でも残念なことに、どれも売れ行きは同程度、一日1000円の収入はなかなか達成できない。

 景気の悪い話を年初に始めるのは止めて、もう少し明るい話題をと思うのだが、なかなか明るい話は存在しない。馬鹿な話というより笑える話でもと考え、昆虫の名前の話題でも紹介しよう。良くある話だが、次々と新種が見つかるが故に、虫や植物の名前には矛盾を含むものが多い。トゲトゲという虫がいる。ハムシの仲間だ。現物を見れば直ぐに分かるほど、身体からトゲが生えている。ところがバラにトゲのないバラがあるように、トゲトゲにもトゲのない変種が存在する。名前はトゲナシトゲトゲ、この名前、虫そのもので面白くも可笑しくもない。当たり前である。しかしである。このトゲナシトゲトゲの仲間にトゲのあるもの見つかったわけだ。名前はトゲアリトゲナシトゲトゲ、おぬしのトゲはあるやなしやと尋ねたい気分である。

 昔、名前は出せないが天然記念物であるタイセツタカネヒカゲという、北海道の大雪山や日高山脈の高山地帯にいるにいる蝶を捕りに行った人を知っている。もちろん、採集禁止の蝶であるが、それ故に捕りたいという願望を持つ人は少なからず存在する。法律があるからそれは法令違反であることは間違いないのだが、昆虫は虫キチが少々捕ったからといって減ったり絶滅したりすることはまずない。繁殖地の開発・造成などのほうが、はるかに影響は大きい。でもまあ違反は違反である。それで結果はどうだったか、敢えて聞かなかった。武士の情けというものだ。ただ、彼の中でタイセツタカネヒカゲという蝶は、大切で高値なヒカゲ蝶であったことは間違いない。

化粧税

 前回、明日はマッサージになどと書きながらも、次の日になったら薬も飲んでいないのに眠くたて眠たくて、昼間は4時間くらいしか起きていなかった。惰眠をむさぼるという言葉が、そのまま当てはまる惰民であった。

 今日は、9時過ぎから4時半頃までナシの徒長枝を切っていた。上を向いて手を上げてひたすらに枝を切る。上を向くと口が開きがちになる。そうすると口の中に鋸クズが入ってくる。そこでハッと目がさめる。以前、師匠が言った、「俺は一年の三分の一は上を向いとる」。ナシとブドウと柿の剪定で11月後半から3月前半くらいかかるとすれば、確かにそうだ。しかしである、一日中腕を上げておくと腕だけではなく肩と背中がコリコリになる。師匠達にとってもあまりやりたい作業ではないようだ。

 周辺の梨畑では、一斉に梨の剪定が行われている。梨と同時に柿も育てている人もいるのだが、この季節は梨である。理由を聞いて納得した。梨の剪定は枝を切るだけではない。徒長枝の中から充実した花芽をつけた枝を選び、これを番線という果樹園に張り巡らした針金に結びつけていく作業が含まれる。一方、柿の剪定は誘引などの作業を含むとはいえ、基本的には不要な枝を切り落とすだけである。まだ寒さが大したことのない今の時期に、枝を針金に結びつけるという指先を使う作業を終わらせ、いよいよ寒い1月2月は手袋をはめて枝を切り落とすだけの柿の剪定をするというわけだ。合理的な判断である。

 嫌な話だが、走行税の話が流れている。車で走った距離に対して課税しようという内容だ。車全体の燃費向上、特にHV車とEVの普及でガソリン税が減収となったため、税収を補うための税金だという。まあ自由民主党が地方を切り捨てたということだろう。種子法の廃止、水産改革法、水道民営化、TPPのラチェット条項などなど、納得のいかないことばかりだ。若者は大変だろうとは思うものの、政治意識の低い人が多いので自業自得と言えないこともない。

 でも、走行税を実施したら、物価が上がるだろうね。流通経費が嵩むため、通販の価格、在庫をおかず1日に何度も商品を運んでいるコンビニ、地方から都市に送られている農産物・水産物、全部値上げだ。国交省が関与している道の駅なんか、客が減るだろうな。そう、バス代も値上げか。観光業も打撃を受けるだろう。JRのコンテナ輸送が増えるかもしれないが、対応できるのだろうか。貨物ターミナルは結構縮小されてきたように思えるが?

 思い出してみれば、死亡消費税を取ろうという話があったくらいだから、走行税なんて可愛いものかもしれない。そのうち、呼吸税、歩行税、生存税、視覚税、聴音税、会話税、なんてできるかも、もっと早くできそうなのは、政府批判税だな。でも、税収を上げたいなら、過密地居住税、ラッシュ時乗車税とかどうだろう。高層住宅税とかいいな。1階高くなるごとに税金2倍とか、夜景観賞税もいいね。絶対にできないだろうと思われるのだが、歴史的に見るとできないとも言いかねないのが「化粧税」かな。理由の分かる人は年寄りが多いだろうな。

副作用で目覚めないかもしれない。

 近頃物忘れが酷くなった気がするが、幸せなことに何を忘れたかを忘れている。忘れたようなそんな気がするだけである。このページもアップするのを忘れていた。

 最近も働いてはいるのだが、書くほどの変わったことをしているわけではない。毎日、午前中はナシ畑で木を切るための準備として徒長枝を切っている。徒長枝が伸びたまま枝を切ると、張ってある番線に引っかかってこれを切ってしまう可能性があるし、チェンソーも使いにくい。まあ一日1本程度の速さで処理していく予定である。一カ所で同じ作業を続けると幾分飽きるだけでなく身体の一部だけが凝って悲鳴を上げるため、午前と午後で場所と作業の種類を変える。今日の午後はクリ畑で折れてしまった枝や下垂した枝を切り、法面の草を切り、溜まっていた枯れ枝を燃やした。代わり映えのしない毎日だが、こうした単純作業は左程嫌いではない。マイクロピペットでピペッティングしているような気分である。この表現は、普通の人には分からないか。

 そこで今日だが、今日は一寸違う物を切った。数日前切ろうとして切り口まで付けていたのだがチェンソーの不調で止めていたクヌギの木を2本切り倒した。直径が30cm位ある木である。風がなかったし、木の重心も傾いていなかったので定石通り受け口を作り、反対側から追い口を切っていったのだが、2本目の木でミスってしまった。倒れた方向が20度くらいずれたため、切れたのは切れたのだが横にあった木にもたれかかって途中で止まってしまった。さてどうするか。ハンマーは持ってきていないし、疲れていたので動きが鈍くなっていると判断し、それ以降の作業は中止した。隣の木まで切ることになりそうだ。来年の秋には、原木椎茸が採れるよう頑張ろう。

 実は椎茸栽培に挑戦して5年になるのだ。でも5回続けて失敗している。理由は明かで、夏場の水不足と強すぎる日照である。今年の5月にコマを打っていた原木は、以前の失敗から日の当たらない薪棚の後ろに置き、毎日水をかけていた。9月頃に覗いてみたのだが、菌糸が伸びている様子もなく諦めていたら、なんとかなりの数の椎茸ができていた。但し、発見したのが遅すぎたため、直径は30cmを超え椎茸の裏側は真っ黒となっていた。従って、5年連続の失敗である。とても残念、炭火で焼いてカボス醤油で食べたかったのに。

 天気予報によれば明日はいやもう今日か、一日中雨だという。であれば凝りに凝った筋肉をほぐしにマッサージにでも行きたいなと考えている。人間歳をとると思いがけない邪魔が入って、やりたいことができなくなる。マッサージに行ってもいいのだが、強く押されると遅発性圧迫アレルギーを発症するようになった。マッサージに行って強く押さえるなと云っても、彼らの指先は百戦錬磨、結構強く押されてしまう。そうすると、僧帽筋や背筋が腫れ上がってしまう。一見すると、筋骨隆々・健康そのものに見えるようになる。しかし、その実猛烈にかゆいのである。医者の友人から抗ヒスタミン剤をもらってはいるが、これを飲むとただひたすら眠くなる。そうか、揉んでもらってひたすら寝る、そう云うものだと諦めれば問題はない。疲れだけが取れればいいのだが、副作用で目覚めないかもしれない。ふふ!